1級土木施工管理技士実地試験の問題分析

2020年5月23日

スポンサーリンク

経験した土木工事

今年出題する問題が、まるわかりです。

他の施工管理技士試験で、連続でおなじ問題が出題されたことが、あります。

念のため、品質管理も準備したほうがいいです。😀

問1で、ある程度の点数が稼げない(無記載又は設問で求められている内容以外の記述の場合)と、

問2~5が採点されず、強制的に【不合格】になるらしいです。

スポンサーリンク


選択問題

問題2~6までで3/5問題7~11までで3/5が選択問題になっています。

問題2~11までの出題範囲は、重複しており、ある程度範囲が決まっています。

  1. 土木
  2. コンクリート
  3. 品質
  4. 労働災害防止
  5. 施工計画と廃棄物など

になっています。

範囲が広いので、モグラが合格したときの勉強方法は、

過去の出題傾向から山を張る!

土木、コンクリート、品質、労災防止、施工計画と廃棄物などをモグラ独自のまとめた表を記載します。

土木

土木関連の問題は、2以上出題されてますので、1以上とけないと厳しくなります。

■高い確率(約5割)で出題される。
1.締固め
2.仮設排水

■そこそこ確率(約3割)で出題される。
1.接続部沈下
2.軟弱地盤

コンクリート

コンクリート関連の問題も同様に、2問以上出題されてますので、1問以上とけないと厳しくなります。

■高い確率(約5割)で出題される。
1.搬入・打込み・締固め
2.暑中コンクリート

■そこそこ確率(約3割)で出題される。
1.養生

品質

品質関連の問題は、1以上出題されてます。2以上出題されることが少ないです。

■高い確率(約5割)で出題される。
1.締固め

■そこそこ確率(約3割)で出題される。
1.鉄筋コンクリート鉄筋検査

労働災害防止

労働災害防止関連の問題も同様に、2問以上出題されてますので、1問以上とけないと厳しくなります。

■高い確率(約5割)で出題される。
1.型枠支保工・足場工
2.高所作業

■そこそこ確率(約3割)で出題される。
1.車両建設機械

施工計画・廃棄物など

施工計画・廃棄物など関連の問題も同様に、2問以上出題されてますので、1問以上とけないと厳しくなります。

■高い確率(約5割)で出題される。
1.計画作業内容
2.施工計画表立案
3.元請業者など

■そこそこ確率(約3割)で出題される。
なし

1級土木施工管理技士実地試験の問題に一定の法則(問題の出題周期)ありますが、

範囲が広いことから合格率が低くなりやすいです。

記述式なのがネックですが、事前に問題傾向を調べることで

得点源をサーチできれば、合格しやすい試験です。
スポンサーリンク


↓押してくれるとやる気が出ます。😊
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク