<<独学>>一級建築士受験道場#4

2020年5月16日

スポンサーリンク

参考書の加工

一級建築士の参考書や過去問集は、

かなり分厚いので持ち運びや、

通勤時間に読みづらいです。

分割などすることで、

ストレスなく効率的に勉強をすることができます。

ルーズリーフ化

まず、参考書などをばらさないといけません。

ホットメルトで表紙にくっているので

外さないといけません。

ホットメルトは、温めないとはずれませんので、

温める機器の「とじ太くん」あります。

とじ太くんは、ホットメルトを使用して

製本するためのものですが、

逆に分割することもできます。

キッチンシートで参考書を覆います。

でないととじ太君の中で、ホットメルトが

ハンバーガーのチーズみたいにはみでて故障します。

なので、かならずキッチンシートで覆いましょう。

温めて表紙にくっいているホットメルトから外したあと、

ページの端に若干ホットメルトがついているので

裁断機で取り除きます。

溶けたホットメルトはかなり熱いので、やけどには気を付けてください。

ルーズリーフ化するためにパンチが必要です。

パンチングしたあと、

整頓するためのリングも必要ですので

結構お金がかかります。😱

パンチングするときに穴あける場所を間違えないように

厚紙を置くのがポイントです。

こんな感じでになります。

参考書の分割

カッターナイフなど分割した後に、

表紙を付けるために製本テープとグルーガンで貼り付けます。

グルーガン本体と替え芯は、

DAISOの200均コーナーに売っています。

資格取得案内所では、役に立つ技術系資格を紹介しています👍

↓押してくれるとやる気が出ます。😊
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク