<<雑談>>ひさしぶりの自作パソコン組立て(2020年)#3

2020年4月17日

スポンサーリンク

自作パソコン組立て

実際に組み立ててみましょう。

今回のは、 Micro ATXという規格(大きさ)です。

ピサでいうとMサイズです。

ケース分解

ケースのふたを外すのには、ケーズ裏側の上下にある「ねじ」をプラスドライバーで外します。

ねじは、なくさないように気を付けてほかのところに置きましょう。

内部の構造がこうなってます。

スカスカですね~

ここから組み立てが大変です。

SSDの取付

2.5インチ(7mm)の大きさのSSDをケース前側の2.5インチベイに取り付けます。

平面に入れて両サイド4か所をねじ止めします。

電源の取付

電源というなのケーブルがごちゃごちゃついてます。

SSDやマザーボード、CPUに電気を供給する装置です。

ケースに取り付ける際は、仮押さえ金具ありますのでそこにはめましょう~

今回は、ケースの裏側上ですが、ものによって下の場合もあります。

ケーズ裏側から「ねじ」四か所をプラスドライバーでねじ止めします。

マザーボードの取付

いっぱい電気部品がついてますので、静電気を壊れることもあります。

静電気除去してから作業しましょう。

出力、入力端子(USBやHDMIなど)類のカバーです。

ケースの裏面に取り付けますが、ケース内側から取り付けます。

マザーボートを取り付け前にカバーを取り付けましょう。👍

マザーボード取り付けた後でカバーが取り付けることが、むずかしいので・・・

「スペーサー」の上にマザーボードを載せます。

「スペーサー」なしで、マザーボードを取り付けると故障することがありますので、必ず「スペーサー」の上にマザーボードを載せましょう。

スペーサーの上にマザーボードを載せたら、ねじ止めして固定しましょう。

強くねじ止めしすぎると、マザーボードが破損する恐れがりますので気を付けましょう。

CPUの取付

今回のパーツの中で一番高価なパーツです。

慎重に取付しましょう。

抑え金具を外すと開きます。

CPUを載せましょう

CPU上部に溝がありますので、溝にあわせてはめ込みます

CPUの抑え金具を元に戻します。 

 CPUファンをのせて両サイド四か所の固定金具を対角線上に押します👈

でないとファンについているグリスが均一にならないので、熱暴走するので慎重に押しましょう。

メモリの取付 

メモリの取付は、よくミスをおこすところです。

CPUの横側にメモリの差し込み箇所があります。

 溝がりますので、溝に合わせて差し込みましょう。

メモリの両サイドを抑えて差し込んだ後、「カッ」と音が鳴ります。

両サイドの抑え金具でメモリが固定されてることを確認しましょう。

差し込みがあまいとパソコンの故障原因になります。

 

 パーツの取り付け方は、こんな感じになっています。

HDD?DVD?BD?SDカードスロット?そんなもんは、外付けのUSB接続で十分です。

モグラは、PC98世代なのでシステムの不安定の要因になるものは、最小限に抑えたので

 次回は、内部ケーブルのつなぎ方に続きます。

資格取得案内所では、役に立つ技術系資格を紹介しています👍

↓押してくれるとやる気が出ます。😊
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク