マイナンバーカードとうまい付き合い方

2020年3月23日

スポンサーリンク

始まり

電子証明書の有効期限通知表です。更新手続きは、市役所の窓口まで来いと書かれたラブレター💌

・・・・この時期に・・期限まで、1か月と3週間ほどですが行政の空気を読めてませんねん😥

なんだかんだでメリットあるので更新しないといけませんが

適正時期になったら行きましょう😆

ちなみに、マイナンバーカードは資格試験を受験してる方に

メリットがありますので解説します。👍

メリット

コンビニなどで「各種証明書」が取得できる

住民票など、今までは平日わざわざ役所に取りにいっていた書類が

コンビニなどでいつでも受け取れるようになります。🏪

<時間>6:30~23:00
<曜日>年末年始を除き、いつでも可(土日祝日も可)
<取得できる証明書>

  1. 住民票の写し
  2. 印鑑登録証明書
  3. 住民票記載事項証明書
  4. 各種税証明書
  5. 戸籍証明書
  6. 戸籍の附票の写し

しかし、市町村で利用できるところ、できないところがありますので、確認しましょう。

「マイナポータル」が利用できる

  1. 行政機関がもっている「自分の情報」を確認できる
  2. 公金の決算を、クレジットカードなどで行える
  3. 各自治体における、「子育てサービス」の検索やオンライン申請ができる
手軽に行政サービスの検索と申請の簡略化できます。

e-Tax(確定申告)が利用できる

確定申告がオンラインからできますが・・・・

SSL化されてません・・・・😱

ポイント還元(予定)

キャッシュレスでチャージまたはお買い物をすると、

マイナポイント25%還元(20,000で上限5,000分)がもらえます。

2020年7月1日~2021年3月31日:マイナポイント事業への申し込み

2020年9月1日~2021年3月31日:選択したキャッシュレス決済でチャージすることで、ポイント還元

結構な数のキャッシュレス決済が対応していますが、

ポイント還元は1社のみしか選択できません。

マイナンバーカードマイナポイントの予約(マイキーIDの設定)が必要です。

マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)は 、専用ソフトをインストールして設定しますが・・

いまのところ・・・インストールしないほうがいいかもしれません・・・

7月頃まで見守りましょう!😅

デメリット

「記載内容変更」の手続きが必要

引越しや結婚によって記載内容に変更が生じた場合は、変更のあった日から14日以内に「記載内容変更」の手続きが必要です。

更新手続きが必要

  1. 20歳未満の場合は、発行から5回目の誕生日までに更新
  2. 20歳以上の場合は、発行から10回目の誕生日までに更新

コンビニでの証明書発行などに使う「電子証明書」という機能に対しても、

年齢に関わらず、発行から5回目の誕生日まで更新しないといけません。

申請方法

2020年3月時点の結論

コンビニなどで「各種証明書」が取得できるだけは、かなり優秀です。

以上👍

資格取得案内所では、役に立つ技術系資格を紹介しています👍

↓押してくれるとやる気が出ます。😊
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク