二級ボイラー技士の合格パネル

2020年3月19日

スポンサーリンク

受験のきっかけ

昔々いた部署でボイラーを扱っていたので、

入社してすぐに「さっさと免許を取ってこーーい」

上司に言われたので取りに行きましたとさ、

まさに業務命令ですね。

当時、取扱っていたボイラーは、

5基で水管ボイラー:25t×2基、20t×1基、8t×1基と排熱ボイラー:10.5t×1基でした。

まぁまぁ大きかったですが、

最近では小型貫流ボイラー20~30基おいて、

台数制御させるのが一般的になってきたらしいです。

でかい機械が壊れたときのリスクが大きいですからね~

二級ボイラー技士ってなんだろう??

労働安全衛生法に基づくの資格区分の一つで、

空調・温水ボイラーの操作、点検を業務を行うことができる資格です。

一定の大きさのボイラー(温水器・加温機など)の保守業務です。

この資格は、「ボイラーの取扱い」と「選任資格」に分かれており、

「ボイラーの取扱い」

一定の大きさのボイラー(小規模を超える)の取扱作業主任者のもとで、

二級ボイラー技士免許以上を取得してる方のみ運転操作・保守業務はできます。

「選任資格」

その職場で1人以上が選任できる免許を持っていれば、問題ありません。

取扱作業主任者に選任できる免許を持ってる人がいなければ、

一定の大きさのボイラー(温水器・加温機)の

運転操作・保守業務ができなくなり操業が困難になります。

独占業務の範囲

※貫流ボイラーのみ場合は、取扱作業主任者に関して伝熱面積×10まで選任できます。
※廃熱ボイラーのみ場合は、取扱作業主任者に関して伝熱面積×20まで選任できます。

二級ボイラー技士は、全ての空調・温水ボイラーの操作、点検などの取扱いができます

伝熱面積25未満のボイラーの運転・保守管理など統括する取扱作業主任者に選任することができます。

受験資格

受験資格はありませんので、誰でも受けれます。

免許の取得条件があります。

免許取得条件

国家試験で合格する以外では、免許を取得できませんが、 免許の取得条件があります。

満18歳以上

二級ボイラー技士試験に合格

①~⑪のどれかに該当するもの

①大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校においてボイラーに関する学科を修め卒業した者で、その後3月以上の実地修習を経たもの
②ボイラーの取扱いについて6月以上の実地修習を経たもの
③ボイラー取扱技能講習を修了した者で、その後4月以上小規模ボイラーを取り扱った経験があるもの
④エネルギーの使用の合理化に関する法律第9条第1項のエネルギー管理士(熱)免状を有する者で、1年以上の実地修習を経たもの
⑤海技士(機関1、2、3級)免許を受けた者
⑥ボイラー・タービン主任技術者(1種又は2種)免状を有する者で、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーを取り扱った経験があるもの
⓻海技士(機関4、5級)免許を受けた者で、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーを取り扱った経験があるもの
⑧鉱山保安法施行規則附則第2条の規定による廃止前の保安技術職員国家試験規則による汽かん係員試験に合格した者で、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーを取り扱った経験があるもの
⑨鉱山において、伝熱面積の合計が25m2以上のボイラーを取り扱った経験があるもの(ただし、ゲージ圧力が0.4MPa以上の蒸気ボイラー又は温水ボイラーに限る。)
⑩ボイラー運転に関する規定の普通職業訓練を修了した者。

⑪ボイラー実技講習を修了した者

二級ボイラー技士取得者のほとんどの人は、⑪に該当します。

>>「ボイラー実技講習」の詳細については、下記のブログカードをご参照ください。

難易度・合格率

  • 合格率:平成30年度 55.8%
  • 難易度:★★★☆☆☆☆☆☆☆
  • 偏差値:44
  • 勉強期間:
  • 初心者:1か月ぐらい
  • 経験者:2週間ぐらい

同じ難易度の資格一覧

  • 日商簿記3級
  • 登録販売者
  • 秘書技能検定2級
  • 自主保全士2級
  • 調理師

>>資格の難易度の詳細

>>「二級ボイラー技士の難易度・合格率」の詳細については、下記ブログカードをご参照ください。

試験概要と申込み

申込み窓口

公益財団法人安全衛生技術試験協会の各安全衛生技術センター

試験日程

  1. 試験申込み:試験日の2か月前から14日前までに郵送
    各安全衛生技術センター窓口に持込みの場合は、 試験日の2か月前から休業日を除く2日前まで
  2. 試験日程:各月1回以上実施  

受験手数料

 6,800円(書面のみ)

受験地

 各安全衛生技術センターで実施しています。

>>「試験日程」は、下記ブログカードをご参照ください。

>> 受験地(各安全衛生技術センター)の詳細については、下記のブログカードをご参照ください。

試験申込み

申込み方法は、書面しかありません。

提出先は、受験を希望する安全衛生技術センターに提出します。

なので、受験申請書をとお取り寄せしないといけません。

お取り寄せ方法は、

各安全衛生技術センターで郵送してもらう

②受験申込書取扱機関(各ボイラ協会支部・労働基準協会・コベルコなど)に行ってもらうぐらいしかありません。

>>①受験申込書のお取り寄せ方法(郵送)の詳細は、下記のブログカードをご参照ください。

各安全衛生技術センターの場所まで遠いところが多いので、

定期的に各安全衛生技術センターがない都道府県で出張試験があります。

年1実施しております。

>>「出張試験」の詳細については、下記のブログカードをご参照ください。

申込み必要書類

  • 受験申請書
  • 本人確認証明書
    (住民票・自動車運転免許証の写し(裏表)・健康保険被保険者証の写し(表裏)など)
  • 受験手数料:6,800円

勉強方法(独学)

二級ボイラー技士試験も同様に勉強しないと【合格】できないとわかっていますが、

人は理由を付けて勉強したくない生物だと言われてます。

ですが、頑張って合格を勝ちとるために勉強をしましょう!

>>「やる気スイッチ(出す方法)と勉強方法」の詳細については、下記のブログカードをご参照ください。

参考書(過去問)

過去問が、インターネット上にごろごろ落ちてますので、

うまくいければテキストもいりません。

過去問だけでは、解説がありませんので

ボイラ協会が出版している過去問集が

一番コストパフォーマンスがいいのでお勧めします。

スマホアプリ

二級ボイラー技士 無料 過去問題集

Google Play で手に入れよう
・過去問410問(過去問8回分)を収録及び解説付き。
・各4科目にわかれた問題形式

2級ボイラー技士 過去問 解説付き


・一問一答というシンプル構成
・一問当たり制限時間90秒。
・詳細な解答解説付き
・総問題数は40問!

試験

二級ボイラー技士試験の定番なんですが・・

試験会場まで行くのが結構めんどくさいです。

試験会場が全国で7か所しかなくて、

管理人兼案内人のあなもぐらの家(大阪)からJR加古川まで行って加古川線から神野駅で

下車したら徒歩20分以上(1.5時間~2時間)と遠い遠い事、

ほとんどの人が思うんですが、

試験会場までの道のりが長いので、

「落ちたらまたここまで来るの?勘弁して・・・」

「もっと勉強すればよかった・・・」

など思いますので、難易度的に低いですが

万全の体制で挑んだ方がいいです。

免許試験合格者等のための免許申請書等手続きの手引き 」は、

試験場の棚に封筒一式がありますので、試験開始前に入手しましょう。

でないと入手が困難なので合格後の免許申請がめんどくさいことになります。

試験中になると、振動の鼓動が高鳴ってりして

落ち着きがなくなったり、

間違ってたところにマークしたり

いつもだったら簡単に解ける問題に時間がかかったりと

試験には罠がいっぱいあります。

モグラの体験談「試験前準備」についての記事を掲載していますので、よければ見てください。

試験内容

二級ボイラー技士試験の内容

4科目

  1. ボイラーの構造に関する知識
  2. ボイラーの取扱いに関する知識
  3. 燃料及び燃焼に関する知識
  4. 関係法令

あります。

科目免除などはありません

4科目ごとの得点が40以上(40/100、4/10で、

かつ、その合計が60以上(240/400、24/40

合格です。

※合格基準点の変更は、ありません。

択一式(マークシート方式)の5択です。

試験時間は、13:30~16:30(3時間)

で短いようで見えますが、かなり長いですので、試験開始1時間後に途中退室ができます。

まず解く前に、【問い】の正解に関す条件にマークして確認しましょう。

正解が【〇】な表現
 例:適切なもの、正しもの、従事できるもの、使用できるもの

正解が【✖】な表現
 例:誤ってるもの、間違ってるもの、従事できないもの、使用できないもの

正解がわかりにくい表現
 例:最も高いもの、最も低いもの、最も適切なもの、最も不適切なもの

試験後

試験終わったら祈るしかありません。トイレの神様に祈りましょう。

試験1週間後の午前9時ごろに各安全衛生技術センターHPで合格発表されます。

2~3日後にはがきで、合否通知書が来ます。

免許手続き

免許試験合格者等のための免許申請書等手続きの手引き 」は、

試験場の棚に封筒一式がありますので、試験開始前に入手しましょう。

でないと入手が困難なので後が大変です。

申請後

申請後、約1か月ぐらいで免許証が郵送されます。

昔のモグラは、2級ボイラー技士でしたが、いまは特級ボイラー技士です。

二級ボイラー技士はこれにて終了します。

1級ボイラー技士は?って?そのうちやるかもね😘

資格取得案内所では、役に立つ技術系資格を紹介しています👍

↓押してくれるとやる気が出ます。😊
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク