電気工事士の独学・通信教育・講習比較

2020年3月14日

スポンサーリンク

勉強方法

勉強方法が3通りあります。勉強方法

  1. 独学で勉強する
  2. 通信教育で勉強する
  3. 講習に行って勉強する

合格率が高い順に
講習 > 通信教育 > 独学

金額が高い順に
講習(約6万円前後) > 通信教育(6~3万円) > 独学(1万~5千円)

金額に比例して合格率も上がります。

一番安上がりで、努力と【やる気】が一番必要な独学からパネル紹介しましょう。

独学

この子の特徴は、お金がかかりにくいですが【やる気】がかなり必要な子です

10年間分以上の過去問を2~3周回すれば、問題なく合格できるはずでが、

中にはそんなのじゃ無理!という人は、すみませんが、通信教育か講習に行った方がいいです。

通信教育

この子ちゃんの特徴として、自分で教材を選択しなくていいので、

自分の回答に対して添削してくれます

また自分のペースで進むことができますが、

ある程度やる気がないと勉強時間のコントロールできなくなり、

徐々に勉強しなくなります。

講習

通学しないといけませんが、受講金額が高い講師陣営が指導してくれることから、

やる気が出やすく勉強の進行速度を把握してもらい的確に問題解答に対して添削しくれます。

苦手・得意なところわかることで、理解力が増しますので、一番合格しやすい勉強方法です。

第一種電気工事士

U-CAN(ユーキャン)(通信教育のみ)

  • 受講料:69,000円(筆記・技能)

株式会社日本建設情報センター(通信教育、講習)

  • 受講料:38,000円
    【筆記・技能】映像通信講座(Webコース)
  • 受講料:35,500円
    【筆記のみ】映像通信講座(Webコース)
  • 受講料:14,000円
    【技能のみ】映像通信講座(Webコース)
  • 受講料:39,000円
    通学【筆記・技能 上期試験用】2日間コース

パナソニック ライフソリューションズ創研株式会社(講習のみ)

  • 受講料(宿泊・食事代別):
    26,000円~78,000円
    第二種電気工事士 筆記試験 2~6日間コース
  • 受講料(宿泊・食事代別):
    64,000円
    第二種電気工事士 技能試験 4日間コース

>>「第一種電気工事士試験」の詳細については、下記のブログカードをご参照ください。

第二種電気工事士

U-CAN(ユーキャン)(通信教育のみ)

  • 受講料:63,000円(筆記・技能)

株式会社日本建設情報センター(通信教育、講習)

  • 受講料:30,500円
    【筆記・技能】映像通信講座(Webコース)
  • 受講料:28,000円
    【筆記のみ】映像通信講座(Webコース)
  • 受講料:14,000円
    【技能のみ】映像通信講座(Webコース)
  • 受講料:31,500円
    通学【筆記・技能 上期試験用】2日間コース

パナソニック ライフソリューションズ創研株式会社(講習のみ)

  • 受講料(宿泊・食事代別):
    26,000円~78,000円
    第二種電気工事士 筆記試験 2~6日間コース
  • 受講料(宿泊・食事代別):
    32,000円~78,000円
    第二種電気工事士 技能試験 2~4日間コース

>>「第二種電気工事士試験」の詳細については、下記のブログカードをご参照ください。

↓押してくれるとやる気が出ます。😊
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク